山口県
■報道発表

6月3日は「あじの日」!「やまぐちの瀬つきあじ」をプレゼント!!

2021年5月24日

1 目的等

これから旬を迎え、一層美味しさが増す「やまぐちの瀬つきあじ」をより多くの皆様に知っていただき、その消費の拡大を図るために、平成9年から6月3日を「あじの日」と定め、山口県中型まき網漁業連合会とやまぐちの農林水産物需要拡大協議会が連携し、幅広くPRを行っています。

その一環として、抽選による「やまぐちの瀬つきあじ」のプレゼントを行います。

PHOTOやまぐちの瀬つきあじ

2 内容

はがき等でご応募いただいた中から、抽選で1kg(10尾前後)の「やまぐちの瀬つきあじ」を30名様にプレゼントします。

--------------------
[区分]
[方法]
[応募先]
--------------------
はがき
官製はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、「やまぐちの瀬つきあじ」に対する意見をご記入の上、申し込んでください。
〒750-0067 下関市大和町1-16-1下関漁港ビル 山口県漁協内「瀬つきあじ」係
--------------------
インターネット
山口県漁協サイトにアクセスの上、ご応募ください。
https://www.jf-ymg.or.jp/
--------------------

応募期限:令和3年6月14日(月曜日) 当日消印有効

※ 個人情報は、商品の発送目的以外に使用することはありません。

3 実施主体

山口県漁業協同組合

やまぐちの農林水産物需要拡大協議会

PHOTOぶちうまやまぐちの農林水産物

4 問合わせ

山口県漁協指導課 末冨(すえとみ)(TELTEL:083-261-6612)

【参考】

(1) 「やまぐちの瀬つきあじ」について

@ 瀬つきあじは、山口県の日本海側で漁獲されます。餌の豊富な天然の岩礁(瀬)に棲みつき、プランクトンやシラスなどの餌をたくさん食べて脂がのっています。体型はふっくらとしており、地元では別名「黄(キ)アジ」とも呼ばれています。

A 主に萩、長門、下関地区に水揚げされ、漁場から港までの距離が近いため「鮮度が良い」ということも美味しい理由の一つです。旬の時期は春から夏にかけてです。

B 県内はもとより大阪や首都圏をはじめ全国に出荷され、高い評価を得ています。

PHOTOやまぐちの瀬つきあじ

(2) 6月3日「あじの日」の由来について

「やまぐちの瀬つきあじ」をより多くの人に「知って」、「味わって」もらい、また、ブランド化の展開を図るため、関係者等(水産関係者、量販店、観光、消費者団体、行政)により、平成9年に制定しました。

【瀬つき鯵】

瀬=岩=Rock(ロック)→6

鯵→参=さん→3

(3) 山口県中型まき網漁業連合会について

山口県の日本海側において、中型まき網漁業を経営する6業者(船団)によって構成されており、主な漁獲物である瀬つきあじの消費拡大等、同漁業の振興に取り組んでいます。

(4) やまぐちの農林水産物需要拡大協議会

県産農林水産物やその加工品の流通販売対策を通じた需要拡大を推進するため、生産・流通・消費関係団体で構成する組織

▼お問い合わせ先

ぶちうまやまぐち推進課
TelTEL:083-933-3395
Fax:083-933-3359
Mail:a16700@pref.yamaguchi.lg.jp

スクロール2|8

0トップページ
9報道発表

(c)Yamaguchi Prefecture
Local Page (No Update)

counter