山口県
■報道発表

特別展示「大集合!やきものどうぶつ展」のご案内

2020年6月26日

1 会期

令和2年(2020年)7月4日(土曜日)から8月30日(日曜日)

【開館時間】9時00分から17時00分(入場は16時30分まで)

【休 館 日】7月13日(月曜日)、20日(月曜日)、27日(月曜日)、8月11日(火曜日)、17日(月曜日)、24日(月曜日)

【観 覧 料】一般1,000円(800円) 70歳以上・学生800円(600円)

※ ( )内は20名以上の団体料金。18歳以下の方と高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒は無料。

※ 身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者(1名)は無料。

※ 前売券は、ローソンチケット(Lコード61386)、セブンチケットでお求めになれます。

2 場所

山口県立萩美術館・浦上記念館 本館2階展示室

3 概要

(1) 展示内容

はるか昔から私たち人間の生活は、動物たちと様々に関わりながら多様で豊かな文化を生み出してきました。動物たちの姿は、私たちに豊穣なるイマージュをもたらし、自然の持つ不思議な力に対する思いや、長寿や富貴といった人々の願いや祈りに伴う吉祥的な意味とも結びつき、これまで様々な動物造形が創り出されてきました。

本展覧会では、そうした多様な動物造形作品の中でも、陶製の動物立体造形作品や動物文様を表した陶磁器など、やきものに表現された動物の姿・かたちを一堂に展示し、人々がこれまで動物たちをどのように見つめ、表現しようとしてきたのかを探ろうとするものです。身近なかわいい動物や想像上のいきものなど、東アジアの古陶磁から近現代の陶芸作品まで、多彩なやきものの動物造形表現を紹介します。

(2) イベント

@ ワークショップ「萩焼で動物をつくろう」【要観覧券】

講師:止原理美氏(陶芸家)

日時:8月8日(土曜日)?10時00分から11時30分 ?13時00分から14時30分

会場:陶芸館多目的室

定員:各回8名(申し込み先着順)※小学生以下は保護者同伴が必要です。

参加費:1,000円(要申込)

A ワークショップ「やきものどうぶつ箸置き作り」【要観覧券】

講師:止原理美氏(陶芸家)

日時:8月15日(土曜日)?10時00分から11時00分 ?13時00分から14時00分

会場:陶芸館多目的室

定員:各回8名 (申し込み先着順)※小学生以下は保護者同伴が必要です。

参加費:1,000円(要申込)※制作する箸置きは一人5個までとなります。

B ワークショップ「羊毛フェルトでどうぶつ作り」【要観覧券】

講師:郭 伝?(かく でんこう)氏(羊毛造形作家)

日時:8月22日(土曜日)9時30分から12時00分

会場:陶芸館多目的室

定員:10名(申し込み先着順)※小学生以下は保護者同伴が必要です。

参加費:2,500円(要申込)

C ギャラリー・トーク

新型コロナウイルス感染防止のため、ギャラリー・トークは行いません。

※ 新型コロナウイルス感染防止のため、イベントを中止・変更する場合がございます。

4 問い合わせ先

山口県立萩美術館・浦上記念館

〒758-0074 萩市平安古町586-1 TELTEL.0838-24-2400 / FAX.0838-24-2401

URL: https://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/

※ マスク着用や間隔を空けての観覧など、新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力をお願いすることとしています。

5 主な展示品紹介

PHOTO《緑釉犬》中国・後漢時代 (1から3世紀)当館蔵

《緑釉犬》中国・後漢時代 (1から3世紀)当館蔵

PHOTOA《灰陶加彩駱駝》中国・北魏時代(6世紀)当館蔵

《灰陶加彩駱駝》中国・北魏時代(6世紀)当館蔵

PHOTO《藍三彩兎形腕枕》中国・唐時代(8世紀)当館蔵

《藍三彩兎形腕枕》中国・唐時代(8世紀)当館蔵

PHOTO《埴輪 犬》日本・古墳時代後期 出光美術館蔵

《埴輪 犬》日本・古墳時代後期 出光美術館蔵

PHOTO《染付兎形皿》日本・江戸時代(17世紀)当館蔵

《染付兎形皿》日本・江戸時代(17世紀)当館蔵

▼お問い合わせ先

文化振興課 文化環境班
TelTEL:083-933-2627
Fax:083-933-4829
Mail:a19300@pref.yamaguchi.lg.jp

スクロール2|8

0トップページ
9報道発表

(c)Yamaguchi Prefecture

counter