山口県
■報道発表

レジデンス・サポート・プログラム 「trans_2018-2019」オープンスタジオの開催について

2019年1月9日

秋吉台国際芸術村のアーティスト・イン・レジデンス事業では、1998年の開村以来180組を超える世界中の芸術家の滞在制作や研究活動を支援しています。

今年は64カ国258件の応募の中から選ばれたフィリピン、フランス、日本の3組5名のアーティストに、韓国、台湾、シンガポールの提携機関から推薦された3名のアーティストを加えた、計6組8名が、1月から3月まで芸術村に滞在し、「この土地の未来」をテーマに創作活動を行っています。

オープンスタジオでは、アーティストたちの制作の様子を一般公開します。アーティストと交流しながら、彼らが母国とは異なる山口県の環境や文化の何に魅せられ、何を感じているのか、創作活動の一端をご覧ください。通訳もつきますので、気軽にご参加ください。

また、アーティストトークやワークショップなど交流プログラムも随時開催するほか、滞在中の様子はフェイスブック(aiav facebook)で公開しています。

(1) 開催日等

日時:平成31年1月27日(日曜日) 14時00分から16時00分

会 場:秋吉台国際芸術村(美祢市秋芳町秋吉50)

参加料:無料(事前申込み不要)

(2) 滞在アーティスト

--------------------
アーティスト名
ジャンル
備考
--------------------
ミカ・カビルド
インスタレーション、グラフィックアート
フィリピン
--------------------
ポール・オマージュ&ユミ・タケウチ
映像、インスタレーション
フランス、日本
--------------------
片岡純也+岩竹理恵
ビジュアルアート
日本
--------------------
ジヨン・イ
ビジュアルアート
韓国
--------------------
チェン・リャン・シャン
映像
台湾
--------------------
ジョエル・チン
彫刻、インスタレーション
シンガポール
--------------------

●添付ファイル

FILEtrans_2018-2019オープンスタジオ.pdf

※添付ファイルの内容はPCサイトでご確認ください。

▼お問い合わせ先

秋吉台国際芸術村 事業企画課
TelTEL:0837-63-0020
Fax:0837-63-0021
Mail:info@aiav.jp

スクロール2|8

0トップページ
9報道発表

(c)Yamaguchi Prefecture