山口県
■報道発表

〜「おおいた×やまぐち『おんオフ』せん言!」〜 温泉家・北出恭子さんプロデュース!大分県・山口県が連携した温泉PRの開始を宣言します!!

2018年2月9日

本県には、様々な泉質の個性豊かな温泉が50以上ありますが、中でも肌のクレンジング効果(肌のオフ)の高い泉質が多い点に着目し、県では、今年度から「美人湯遭遇率日本一!?オフ泉県やまぐち」キャンペーンを展開しているところです。

当キャンペーンは、本県出身で九州を中心にメディアでも活躍中の「温泉家・北出恭子氏」の企画立案のもと実施しているものですが、その活動の中で「おんせん県」として名高い大分県とも深い関わりがあることから、今回、北出氏のプロデュースのもと、「オン」と「オフ」とを切り口に、両県で連携した温泉PRを実施することとなりました。

その取組の第一弾として、別添のとおり、両県の温泉や近隣の観光スポット、グルメ・体験などを紹介する共通ホームページを本日より立ち上げることとなりましたのでお知らせします。

◆ 北出恭子氏コメント

大分県と山口県は、周防灘を挟んでのお隣の県で、両県民にとっても馴染みが深く、温泉、景観、歴史、グルメなど、それぞれ魅力的で個性的な観光資源に恵まれていると感じています。

大分県は「おんせん県」、山口県は「オフ泉県」として、ともに温泉のPRをしており、また、それぞれが異なった魅力の温泉があることから、「オンとオフ」を切り口に、温泉をはじめとする両県の多彩な魅力を広めたいと思い、両県の橋渡しをすることになりました。

今回の取り組みをきっかけに、今後、両県が更に連携を強化し、「オンとオフ」に関する面白い企画を発信していくことで、両県の皆様が、お互いの県を行き来するだけではなく、全国の皆さんにも大分県と山口県の魅力を知ってもらい、両県を巡ってもらえたらと考えています。

※ 北出氏のプロフィールについては、記者発表資料をご参照ください。

≪参考≫「美人湯遭遇率日本一!?オフ泉県やまぐち」について

山口県は、一般的に「美人湯」と呼ばれ、クレンジング効果の高い、肌を「オフ」できるアルカリ性の軟水系の温泉が多く、「温泉博士」と呼ばれる東海大学斎藤雅樹教授に各県代表温泉地の「美人湯」を評価してもらったところ、「美人湯」に遭遇する確率が日本一であったとの結果が出た。

また、本県は三方を海に囲まれるなど美しい自然環境に恵まれ、海沿いにある温泉も豊富に存在する等、心の「オフ」にも最適である。

そこで、肌と心を「オフ」できる当該特長を活かし、山口県出身で九州を中心にメディアにも多数露出している北出恭子氏とタッグを組み、今年度から『美人湯遭遇率日本一!?オフ泉県やまぐち』をコンセプトとした温泉キャンペーンを展開している。

PHOTO画像

●添付ファイル

FILEプレスリリース(おおいた×やまぐち「おんオフ」せん言!).pdf
FILEポスター(おおいた×やまぐち「おんオフ」せん言!).pdf

※添付ファイルの内容はPCサイトでご確認ください。

▼お問い合わせ先

観光政策課・観光プロジェクト推進室・インバウンド推進室
TelTEL:083-933-3204
Fax:-
Mail:a16200@pref.yamaguchi.lg.jp

スクロール2|8

0トップページ
9報道発表

(c)Yamaguchi Prefecture